学ぶべき「本当に必要な看護」がここにはあるCROSS TALK #01

部長 後藤道子×副部長 柳沼明美×副部長 押野洋子

現在の仕事内容をお聞かせ下さい

後藤:副看護部長二人と病院の看護部運営を行っています。私は、副院長を兼任しておりますので、院長を補佐しながら、病院の経営や運営というところにも携わっています。

柳沼:私は総括して部長を補佐しています。あとは業務、総務担当もしておりますので、職員の勤務管理等を主に行なっています。

押野:私は教育担当ですので、新人、職員、補助者の教育を担当しております。

新人時代のことを教えてください

後藤:新人時代は周りの方に支えられ、楽しかった思い出がたくさんあります。「スキルが必要だ」というのでお産があれば率先して、分娩介助をさせていただいた記憶がありますね。

柳沼:今みたいにプリセプターというものはなかったので、昔は先輩の背中を見て育つ感じでした。今はちゃんと一年目、二年目と到達レベルを設定し、そこを目指して少しずつ進んでいけますが、私たちの時代は、すぐに一人前になりなさいという時代でした。

押野:当時は厳しい先輩もいましたし、基本をしっかり教えてくれたというか、一番大事なところや譲れないというところをきっちり伝えてもらったと思います。

柳沼:怖い先輩が今、いないんですよね。良い意味でも悪い意味でも。怖い先輩から1~10まで、挨拶の仕方から始まって全部を教わりました。社会人の1年生としての挨拶の仕方からきっちり、教えられた記憶があります。

後藤:そこで社会人の基礎力というのが、身についたかなという気がしますね。今まさに看護会でも社会人の基礎力をつけるためには、どうしたらいいのか?という教科書がありますからね。それだけ、私たちが教わってきたような指導の仕方は難しいのだと思います。

柳沼:今は、自分の感情で物を言ってはいけないという教育を受けてきて、きちんと説明して教育する良い事だと思います。

後藤:でも、そういう環境になりつつありますね。レベル的に違うと思いますが、当院は県立病院としての安全で質の高い医療を提供するということは使命となっていますので、そこは譲れないところですので、きちんとやっていかなければと頑張っているところです。

モチベーションを上げる方法

押野:同期ですね。新採時は新庄病院でした。同期が3人いて、お互いに辛いことを話したり、毎晩お酒飲みに行ったり、夜中まで話したりと、すごく励みになっていました。仲間がいて良かったと思います。

柳沼:今はメール送れますが、昔は電話だったので「夜勤で寝てるかな?」とか思うと電話できないということもありました。そんな中でも勤務表を合わせて、同期同士で休日には発散をしていました。

後藤:同じような考えをする仲間と話したりとか、セミナーに行き同期の人たちや先輩たちと、おいしいものを食べたり、ちょっと良いお店でお酒を飲むなど、それが楽しくて最高の息抜きでしたね。

押野:あとスポーツとか。バドミントンをやっていたので、病院の愛好会とか、地区の大会に出場し、ストレスを発散してました。病院全体として、仲間意識があり、他職種との交流もたくさんありました。

柳沼:今よりは時間にもうちょっと余裕があったので、勤務前に先生たちとスキーに行ったりとか、そういうこともできたんですよ。今はそういうのができないので、かわいそうかな。

どのような人と働きたいですか?

後藤:ある程度社会性が身についている方ですね。当院の院長は「挨拶と笑顔」ということを就任当初から言っているので、そこは基本かなと思います。

柳沼:やっぱり人間性です。どんな人間性といわれると難しいんですけど、そこに尽きるのかなと。あと自己成長していけるような方ですね。

後藤:何かしら一つでもいいから、ピカっと光るようなものを持っている人がいいですね。

河北地域の好きなところは?

押野:私は毎日山形市から通勤に30分くらいかかりますが、そこから見る月山を見ながら「今日は綺麗な月山だな」とか。河北は自然豊かで風景はきれいだなと思います。

後藤:溝延橋付近からは葉山、月山、朝日連峰を眺めることが出来てとても綺麗です。川岸は4月になると桜街道になります。

押野:休みのときにドライブがてら「肉そば」を食べに来ています。

柳沼:そばはおいしいですね。山形の中でも違いますからね。

後藤:空港や高速の入り口にもすぐに行けるという点でも河北はすごく良いところだと思いますよ。

今一番の「やりがい」や「目標」は?

柳沼:スタッフの成長ですね。良いねというところが見えた瞬間、ものすごく嬉しいんですよ。師長でも誰でもすごいね、成長したねという一言がどこからか聞こえると一緒に嬉しくなります。それはどこに向かうかというと患者さんに対しての良い看護ができたということに最終的には結びついていくということで、とにかくスタッフの成長がすごく嬉しいですよね。今ここにいるやりがいは、それなのかなと。

後藤:私たちが目指そうとしている看護師像というのがあるわけなんですけど、その像に向かった育ち方をしているということが一番嬉しいですよね。特に新人教育はすごく力を入れているので、その新人たちが2年目、3年目と研修を受けていく中で、自分なりの看護に対する思いとか事例を通してどんな学びをして、自分の中で今度はこういうふうな看護の提供をしていきたいということを書くレポートを1年ごと見ていくと成長しているなと感じますし、今一番の楽しみですね。

柳沼:お褒めの言葉嬉しいです。患者さんからも。

後藤:看護部の理念が「皆様に信頼される看護を提供します」としておりますが、その皆様というのは患者さんや家族だけじゃなくて、病院の職員全て、それから病院に関係する外部の方々、全てです。そういう方々に信頼を得られるような看護をしましょうと言っているので、そのようなことで評価をいただくことが一番嬉しいです。

最後にメッセージ

後藤:河北病院はここ2年くらいで、機能を変化させてきています。河北病院なりの機能を活かす、機能あっての看護というところで機能の大小はありますが、看護の本質というところは変わらないので、そこを学べる病院であることをPRしたいと思います。地域包括ケア病棟では、患者さんが退院していく先の生活の場でどういうふうな生活をしていけばこの患者さんは安全に安心にそして楽に暮らせるのかということを考えて、看護を提供しています。ぜひ、当院で「今必要とされる看護」を一緒に学んで欲しいと思います。

柳沼:とにかく、看護を学べる環境にあると思います。後藤看護部長が言ったように在宅に向けて、それこそ看護師として患者さん中心のケアをやっていったらいいかというのをものすごく深く考えているスタッフがそろっています。一緒に看護を学んでもらいたいと思います。

押野:教育面から言いますと、専門的な知識も持つ認定看護師が8名おりますので、スタッフの育成面では手厚くなっていると思います。ぜひ一緒に働いてもらいたいと思います。