河北病院とは?ABOUT US

地域住民に信頼される、安全で快適な病院づくりを目指しています。

西・北村山地域では、今後人口が減少するものの高齢者数は増加していく見込みであり、高齢者に優しい医療体制等の充実が望まれています。また、受診行動が広域化する一方で、拠点病院における勤務医が減少しています。このような状況の中で、河北病院は平成26年度に整備した新急患室、平成27年度に開設した緩和ケア病棟及び地域包括ケア病棟により、救急医療体制の強化、緩和ケア医療の充実及び在宅支援の強化を図り、地域や住民により身近な病院を目指して以下のとおり重点項目を定めて取り組んでまいります。

河北病院の特長

  • 研修・育成
    医師、看護師、他の医療従事者と共にチームワークを取りつつ、総合的に診療のできる知識、技術、態度を身に付けた医師の研修・育成を行っています。
  • 各学会研修等施設
    地域の中核病院として多彩な疾患を経験できます。循環器、消化器、血液、内分泌・代謝の専門科があり、各種学会の専門医教育・研修・修練施設になっています。
  • 救急医療
    2015年度に、救急医療充実を願い急患室を新築しました。年間約7,000件の症例を経験できます。
  • 緩和ケア科
    平成27年4月1日より緩和ケア科が開設されました。病床数は20床(全室個室)で山形県内最大規模となっております。
  • アニマルセラピー
    緩和ケア病棟に入院している患者様へ、ストレスの軽減やリハビリ効果、精神的苦痛を和らげ療養生活の質を向上させることを目的として、平成28年7月29日から始めました。
  • 支援する会
    院外清掃などのボランティア活動への参加、河北町の農園で収穫された新鮮野菜など提供されています。平成28年10月から河北病院ギャラリーを開設しました。

病院情報

名 称
山形県立河北病院
所在地
山形県西村山郡河北町谷地字月山堂111番地
院 長
多田敏彦
連絡先
0237-73-3131
診療受付時間 月曜日~金曜日 午前8:30~11:30
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
休日、時間外の診療は急患室にて行っています。
ただし、12月30日、1月2日は診療日(土・日の場合は休診)です。
設 立
昭和24年5月1日 山形県立谷地病院として発足
昭和39年4月1日 山形県立河北病院と改称
病床数
186床
(一般120床、地域包括ケア40床、緩和ケア20床、感染症6床)
診療科・部門
内科、神経内科、緩和ケア科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、専門外来(乳腺外来、肛門外来、ペインクリニック)、ペインクリニック、看護部、薬剤部、放射線部、検査部、設備・医療機器、リハビリテーション科、医療安全部、救急総合診療部
交通アクセス
JRをご利用の方
奥羽本線「さくらんぼ東根駅」からタクシーで約20分。左沢線「寒河江駅」からタクシーで約15分。
バスをご利用の方
山形駅前から「谷地」行きのバスに乗り、河北病院西口で下車。山形駅前からの所要時間約1時間。寒河江バスターミナル(寒河江駅前)から「チェリーランド・谷地」行きのバスに乗り、河北病院西口で下車。寒河江バスターミナルからの所要時間約20分。
タクシーをご利用の方
病院正面玄関前にタクシー乗降場があります。

地域の魅力

  • 数々のメディアで紹介されました
    イタリア野菜
    「国産のイタリア野菜が使いたい…」。イタリアンシェフの何気ないひと言から始まった「企業組合かほくイタリア野菜研究会」。会員らが試行錯誤を繰り返し、栽培方法を学ぶ。イタリア料理のお店がない田舎町で栽培されるイタリア野菜は、大都市圏の高級イタリア料理店へ出荷される。農商工連携・6次産業の成功事例として、数々のメディアで取り上げられる。
  • B-1グランプリ全国8位入賞
    冷たい肉そば
    谷地のソールフード「冷たい肉そば」。B-1グランプリで全国8位入賞を果たしたこともある。冬でも冷たいスープで、親鳥のだしが効いている。お肉のコリコリした触感もくせになる。
  • 谷地八幡宮に伝わる一二〇〇年の伝統
    林家舞楽
    谷地八幡宮に伝わる舞楽。1,200年の伝統を持ち、宮中舞楽・四天王寺舞楽・南都楽所舞楽と並ぶ日本四大舞楽の1つとされ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。谷地どんがまつりで毎年奉納される。
  • 河北町は日本有数のスリッパ生産地
    スリッパ
    日本有数のスリッパ生産地である河北町。地場産業としてスリッパは製造されている。安価な海外製品との差別化を図るため、高品質の町産スリッパを「かほくスリッパ」として3年前にブランド化。2009年グッドデザインアワードで日本商工会議所会頭賞を受賞するなどデザイン性の高さが評価されている。最高級の絹の袴地を使った「KINUHAKI」は2万円ほどするも、高級旅館や美術館などで使われている。